アイリスオオヤマ丸型LEDランプ

生活・健康

アイリスオオヤマ丸型LEDランプ買ってみました。

こちら裏側で発光しません。新型は裏も発光するように改良されています。

こちら表面、LEDが発行する面になります。

豆球のソケットから給電するためのケーブル、シーリングライト用の給電ケーブルも付属します。

買ったときはこの商品のすばらしさに全然気づいていませんでした。蛍光灯ランプは通常4000時間の寿命が設定されていて、毎日使う部屋なら2年もたたずに寿命を迎えます。それに比べて器具の方は40,000時間の寿命があるのですが、LEDランプは長寿命で機器の寿命と同じ40,000時間の寿命があります。それゆえLEDランプに交換しても先に機器の寿命がきてしまう運命があるのが従来のイメージでした。しかし、このアイリスオオヤマの製品は豆球のソケットから給電してランプにLEDドライバー回路を内蔵しているので、機器の寿命に関係なくLEDの寿命まで使うことが期待できる製品になります。
蛍光灯機器は安定器やインバーター回路など電気回路の寿命でダメになることがほとんどで、その他はもっと長く使えるものです。しかし、この製品を導入すれば電気回路の部分が新品になると理解してもらえればよいと思います。財布にも優しいし、ECOでもある素晴らしい製品だと思います。
デメリットは地味に価格が高いことでしょうか?もともとの器具が安い場合、機器ごと買い替えも比較検討の必要がありそうです。逆にデザインなど良いものであるほどこの商品の利用価値が高いと思います。

こんな感じで問題なく使えるようになりました。

私の買ったのは旧製品で、シーリングランプにも、ペンダントライトにも対応できるパッケージなのですが、今手に入る新製品はシーリング用とペンダントライト用に製品が分かれています。さらに演色が昼光色、昼白色、電球色の3種類、明るさが30W型+30W型、30W型+32W型、30W型+40W型、32W型+40W型の4種類と複雑なので用途に合わせて間違えないように購入してくださいね。

また、amazonなどで売っている器具改造が必要なタイプがさらに安く売っているので電気工事士の資格を持っている私としては興味があります。まぁ、40W直管型と違い器具の改造なので改造自体は問題ないのですが電気の知識は絶対必要です。グロー球を外せば改造しなくても使えるという売り文句の製品もありますが、改造した方が安全に使えるとは思います。いづれ器具改造が必要なタイプも検証してみたいですね。