ダイニングセット修理

スピーカー・木工

ダイニングテーブルと椅子の修理です。
まずは生地探しからですがとにかく品ぞろえの良い店に行かないと近い生地が見つかりません。
そこで東大阪市の安井商店に行って生地を探してきました。

真ん中が破れていますので座面のみ替えていきます。背もたれはこの椅子の場合、縫製の技術が必要で私には無理そうです。
写真1

裏側は黒い不織布が張られているのではがしていきます。
写真2

次に座面の記事もはがしていきます。
写真3

新しい記事をタッカーでつけていきます。
写真4

つけ終わったところです。黒い不織布をつけていきます。
写真5

黒い不織布は再利用しました。
写真6

座面のみの張り替えなので、もう少し近い生地が見つかればというところでしたが、こんな感じです。
写真7

机の方も手を入れて行きます。天板はビス4か所止めなので外します。ウレタン塗装は非常に硬いですのでグラインダーでかなり削るのですがはがれません。そこで2重に塗られている内側の塗装は残しました。部分的に落としすぎたところもあります。側面はすべての塗装を落としました。
写真8

上塗りは何にしようか考えましたが、選んだのは水性ニスです。内側に硬い層が残っているので優しい仕上がりを狙って選びました。狙い通り下地の差もわからず全体的に狙い通りの仕上がりになりました。
写真9

※1年半後ですが心配していた耐久性も問題ありません。