スピーカーの製作(月刊ステレオ付録スキャンスピーク)

スピーカー・木工

11/23 今年の月刊ステレオ8月号付属ユニットでスピーカー作ってみます。本誌83ページのグラフから、7L、ダクト共振70Hz狙いで、スリットバスレフ設計してみました。今は仮組中
写真1

11/28 スピーカー作り途中経過です。 地道に、だいたい毎日、少しずつやってます。
写真2

12/2 スピーカー作り途中経過です。 だいぶ箱らしくなってきました。
写真3

12/3 スピーカー作り途中経過です。 両方とも、あとフタするだけのところまで来ました。
写真4

12/7 こんな感じでスピーカーのエージング(通電して、ならし)中、側板1枚未接着でおもりでおさえています。
写真5
1時間:まったく聴くに耐えない状態 8時間:まだまだ硬い感じ、低音は全然出てません。
15時間:中高音がいい感じになってきた。低音は不足気味、わりと低い音まで再生は出来ているのに量感が足りない感じ。
30時間:さらに低音が出てきて良い感じになってきた。中高音もさらに磨きがかかって、もう合格ラインまで来た感じ。去年のP800は越えました。

4/17 久々のスピーカーネタ 吸音材はニードルフェルト、こんな感じで少なめ。まぁ吸音材は、増やしたり減らしたりしても違いは微妙過ぎです(^^;;
写真6

4/18 箱が出来ました。
写真7

4/19 ワシン ウッドオイルを塗りました。オイルフィニッシュは塗ってから拭き取るので色ムラになりにくいのでオススメの塗料です。
写真8

4/25 スピーカーできました!! 仮止めで鳴らしていたときよりずいぶん低音が出るようになりました。仮止めで調整する意味がなかったかも・・・。今回はユニットがスキャンスピークなのでFostexとは違った感じがします。
写真9

※この記事はFacebookで実況っぽくやっていたのをまとめました。