温水洗浄便座 東芝SCS-T240修理

住宅・設備

東芝の温水洗浄便座SCS-T240を買いました。買ってすぐに着座センサー不良で修理に来てもらったのに、その後も調子がいまいちで着座センサーが時々動作しない状態だったが修理に出さず補償期間終了。ずっと調子が悪くセンサーに手をかざしたりして座っていることをアピールすれば動くかなという状態まで状況は悪化してきました。着座センサーを殺すことを模索して分解しても着座センサーASSYは線が5本もあってよくわからない。それであきらめてまた月日が流れました。
再度の挑戦で、着座センサーのモールドを剥がしたら基板が出てきて、赤外線センサーが出てきました。1,3番をショートして戻したら無事着座センサーに関係なく洗浄できるようになりました。当たり前に動くことがこんなに快適だとは思うなんて長い戦いでしたね。当然ですが座ってなくても水が出るので注意です。

写真1

写真2

写真3

写真4

買ってから分かったことですが東芝のウォシュレットは韓国サムスンのOEM商品で故障の多い地雷商品だったようです。たまに調べないとこんなことになるので、やっぱり買い物には慎重になってしまいます。

トイレ修理で水栓が止まらなくて面倒だったのでこちらも交換します。めったに触らないとはいえ水止めるだけでマイナスドライバーは面倒なのでハンドル付きに変更しました。当たり前ですが交換は元栓を閉めてからやりましょう。

写真5

写真6

写真7