Dioフロントフォーク、タイヤ交換

Dio-SR

Dioフロントフォーク、タイヤ交換

少し前から出ていた、フロントブレーキをかけるとハンドルが微妙に右にブレる現象。
どうやらフロントフォークが2本ともダメになっていたらしい。

古いDIOはたいがいココがダメになってるらしく、ウィークポイントなのだそうだ。
しかも、てっきりちゃんとしたオイルダンパーだと思っていたのにフリクションダンパーだった。
そこで、ライブDIOのHD-SUSや金サスに換装してる人も結構いるらしい。
またまた、KN企画にてパーツ調達するわけだけど、
純正交換用のヤツと、AF35(ライブDIO)用のがあって
どっちにするか悩んだ訳だけど、オイルダンパーのAF35用を選択した。
AF35用をスーパーディオSR(AF28)に装着するには、

・メーターギアをAF35に変更
・メーターケーブルに少し加工を加える。

メータギアはKN企画にて教えてもらった型番のものを、
最寄りのホンダWINGで注文した。
納期は翌日と予想外に早い。
15年以上前のモデルだけど、まだ部品は大丈夫なのかも

写真1
KN企画 FF00-2
AF35の金サスに似てるらしいのだが・・・
ホンダWINGに金サス装着のライブDIOがあったので
見比べるとホントそっくり!!

写真2
タイヤも同時に交換する。 サスの不具合でタイヤも片減りしていた。

写真3
まずは作業前の状態

写真4
カウルを外す。

写真5
タイヤはFアクスルナットを外して
シャフト抜くだけで、あっさり外れる。

写真6
外れたタイヤ。
ムシ外しでムシを外して、空気を抜いてしまう。

写真7
タイヤレバーは今回バイク専用のキジマ製を購入。
まず、タイヤとリムの間にタイヤレバーを差し込み
少しずつビードを押し下げては、角度をずらしを繰り返すと
ビードが内側に落ちる。裏も同じようにビードを落としてしまう。

写真8
ビード落としてしまえば、自転車のタイヤと同じ要領で
タイヤレバーを差し込んでタイヤをめくりあげる。
さらに、10cmほどずらして、めくりあげる。
数回繰り返すと片側が外れるはず。
レバー差し込んだ反対側のビードが勝手に乗り上げて
しまわない様に注意が必要。
バルブ交換もついでにやることをおすすめ。
1年ほど後輪替えたときは、パンクのついでにタイヤ替えたのに
パンク直らず、結局原因はバルブだった事も・・。

バルブは外から押しても入らないなら
ウェスなどで保護しながら、内からプライヤーで
引っ張り出すと入る。

後ろと同じL型のバルブを装着した。
これでガソリンスタンドで空気入れやすくなる。

写真9
タイヤ入れるときは、垂直に立てたタイヤレバーに
沿わせるような感じで、まず片側のビードを入れる。
もう片方も半分ぐらいまでは、素直にたてたタイヤレバーに
沿わせるような感じで入れて、途中からタイヤレバーを
もう一本使って、10cmずつぐらい前進していく。
このときもレバー差し込んだ反対側のビードが乗り上げて
しまわない様に注意しつつ、入れていく。

最後にビードだしなのだけど、ムシを外して
コンプレッサーで一気に空気を入れたら簡単に
パカ、パカって出てくれた。
ビードだしに苦労することもあるらしいが、まだ未経験。
あとは一度空気抜いて、ムシを戻し、規定の空気圧にする。

写真10
フォークは1本につき2本のボルトで留まっているから、
ボルト4本外せば写真の通りフォークが外れるが
先にキャリパー外してから、フォーク外した方が良い。
原付はステム周りさわらずにフォーク取り替えできるから
素人でもフォーク交換可能だ。

写真11
あとは逆順なのだけど、フォークを取り付ける。
次に、タイヤにAF35用メータギアをはめ込み、
フォークと穴位置を合わせたら、アクスルシャフトを入れる。
入ったらナットを締める。

次にキャリパー、ピストンを少し押し戻してから装着し、
ボルト2本で取り付けたいのだけど、ボルトの長さが足りない。
急遽AF35用キャリパーボルトを購入。
あと、メータケーブルをつなぎ替える。どうやらメーターケーブルは
加工しなくても付いてしまった。
メーターケーブルは一度変えてるから無加工でいけたのかも。

ちょっと乗ってみたのだけど、
あまりにフィーリングが違うので、最初の2,3コーナーはビビった。
慣れると新しいサス良い!!
倒し込みが軽い。
体重移動でセルフステアが効くので自然な感じで曲がっていける。

2008.6.11