キッチン水栓の補修

住宅・設備

こちらの水栓も補修していきます。
水栓補修1

レバーはずします。
水栓補修2

カバーはずします。
水栓補修3

ついてる部品を順番に並べるとこんな感じになります。パッキンの役割は次のような感じになります。

  • 左から5番目のパッキン(上部パッキン):水が出てるときにハンドル付近から水が漏れる症状
  • 一番右のパッキン(ケレップ):水が止まりにくい症状
  • 蛇口可動部のパッキン(Uパッキン):蛇口可動部の水漏れ(今回は交換しない)

水栓補修4

上部パッキンとケレップを交換します。
水栓補修5

反対側(お湯)はそれほど問題ないのですがついでに交換しておきました。上部パッキンがかなり摩耗していてびっくりしました。上部パッキンは摩耗がひどくなるとワッシャーとフレームが接触してしまいますから、そうなる前に交換が必要だと今回学習しました。
水栓補修6